ブリーチタワーその5

30階を攻略しブリーチタワーを制覇しました。

ちまちまとプレイしていたので時間がかかりましたが、ようやくタワーをクリア。
最後の30階攻略への足取り等をご紹介。


【人選】
30階攻略に向けて、使用キャラクターを何人か変更しました。
今までのソウカツイ中心の編成では、ザコ相手には滅法強いのですが、ボスキャラ相手だとそうでもなく、さらにソウカツイが一切効かない相手だと苦労します。
なのでボス戦を意識した人員を新たに召集しました。

とりあえず、入れ替わったのは3人。
藍染・東仙・山爺達の肩にポンと手を置き「ご苦労さん。もう明日から会社来なくていいから。」と死の宣告を。
そして新戦力としてアルトゥロ・剣八・マユリ様を迎えました。

攻撃力と命中率の高さに定評のあるアルトゥロ。
同じく攻撃力があり、「全開」でさらに強くなれる剣八。
金色足削地蔵の毒攻撃が魅力のマユリ様。

まず、この新戦力の育成に取り掛かりました。


【育成】
「BLEACH The 3rd Phantom」のwikiに「レベル上げは26階の空紋がオススメ」とのコメントがありそれを参考にしました。

その26階で「勝手に自爆してくれる使い魔」を放出する空紋二つ以外の敵ユニットを全滅させた後…

274.jpg
275.jpg

こんな具合に自ユニットを配置。

使い魔の移動力が5なので、空紋から5マス程離れた所に自爆のおとりになるユニットを配置します。
この画像の場合だと上はルキア、下は卯の花隊長がおとりになっています。

後は、空紋から敵が現れておとり目掛けて移動して自爆を空振りして体力1と倒しやすい状態に勝手になってくれます。それをレベルを上げたいキャラで止め。
使い魔のレベルが60なので、60までならこの方法で簡単にレベルアップします。レベル55くらいまでなら毎ターンレベルアップ。

レベルが低いと命中率に不安が出てくるので、上の場合はレベルを上げたい剣八に雛森の援護攻撃を、下の場合はレベルを上げたいアルトゥロの隣に隣接ユニットの命中回避を上昇させる藤丸を配置するなど一工夫します。

新戦力3人をレベル60まで上げた後、最後に29階を1プレイして、さらにレベルアップ。
いよいよ、30階へ挑戦です。


【30階】
とりあえず初期配置付近の霊子マスに陣取って近づいて来た相手を迎え撃つ事に。
数ターン置きに次々と敵が近づいてきます。
手前の敵の撃破に手間取ると後続が追いついて余計苦しくなるのでセーブ&リセットでやり直しまくり、なるべく良い結果で敵フェイズに入れるようにしました。
邪道ですが、無駄な時間は過ごしたくないんです。

この30階は、敵が押し寄せてくる序盤戦が一番キツかったですね。
逆に最後の方は楽勝でした。

敵ユニットのほとんどがこちらに攻めてくる中、奥にいるグリムジョー・ウルキオラ・ギンの3人は、決して自分から動かなかったので、それ以外の敵を全滅させ体制を立て直してから、マユリ様の金色足削地蔵を突撃させ相手3人を毒状態にさせます。

猛毒に犯されて毎ターン勝手に体力が減っていく彼らの対処は非常に簡単でした。

276.jpg

気付けば、残るはグリムジョー後一人。
そのグリムジョーも片膝をつき今にも倒れそうな様子です。

この戦いに決着を付ける為…宮能まつ梨が卍解!

152.jpg

この一撃に全てを賭ける…!!

長かった戦いの日々よ…

277.jpg

さらば!

…とこんな具合で30階をクリアしました。

このステージのMVPを選ぶならマユリ様…というより金色足削地蔵。
こいつの毒攻撃が面白いくらい本当に役に立った。
体力が多ければ多いほど毎ターンのダメージも大きくなるので、耐久7000以上あるグリムジョーなんか毎ターン1500近く勝手にダメージを受けてくれました。
30階攻略には、是非マユリ様。マユリ様に清き一票をお願いします。

クリア後には、キャラの掛け合いが少しだけ見れます。

278.jpg
279.jpg

どういう状況なのかは自分の目でお確かめ下さい。

そしてクリアしたという事で…

280.jpg

藍染ゲットだぜ!!

そして…

281.jpg282.jpg

グリムジョーもゲット!!

早速、解放状態のお姿を堪能させてもらいました。

283.jpg
285.jpg
284.jpg

デスガロンッ!!

本編では変身せず、ブリーチタワーでも変身する事がなかったグリムジョーですが、解放アリとは…。
これだけ登場が遅いのに無意味に作り込まれています。

何故…こんな所に労力を…?

やっぱりあれだよね?

使い回すんですよね?

戦闘グラフィックを…。

トレジャーが手がけるであろう4作目の為に…。

そう信じています…。

でも自分は、以前にも言ったとおり格闘ゲーム・SLG…両ジャンルの続編を希望します。
(SLGとしての)続編が出るなら是非遊びたい。そう思えるくらい今作出来が良かった。
細かいところまで作りこんであり、製作者の熱意が伝わります。

1ヶ月以上と長きに渡る「BLEACH The 3rd Phantom」との付き合いもこれにて一段落。
自分の記事で今作を買ってみようかなと思う人がいるかどうかは分かりませんが、もし少しでも興味があるならオススメします。とりあえずブリーチファンには、超オススメです。


←ブリーチタワーその4

ブリーチタワーその4

ブリーチタワーの29階まで制覇しました。

前回の日記で四苦八苦していた27階を5ターンで攻略する件は一旦置いといて、先に28・29階の攻略を始めました。

まず28階。
一応5ターン以内にクリアすると特典がありますが、新しいキャラクターが仲間に入るわけでもないのでまったり攻略。
急いで5ターンを目指すと難しかったかもしれませんが、そんな事を気にしなければ簡単なステージでした。
4つの空紋を破壊して、敵のギン・東仙をソウカツイで撃破して終了。

そして29階。
ここあたりから敵もグッと強くなってきました。敵さんはアランカル・オールスターズ。
1回目のプレイで油断して不意に相手に近づいたらグラン・レイ・セロやらマップ兵器を撃たれまくり喰らいまくりだったのでやり直し。

気を取り直しての2回目。
落ち着いて慎重に行けば、大して苦戦せず突破できました。油断大敵。

そして27階に戻り、いざ4度目の5ターン撃破に挑戦!
前回の反省を踏まえて雛森・ルキアのソウカツイズを突っ込ませ奥のザコの処理に成功。
ボス2匹も卍解と特大赤火玉を中心に攻め立てようやくクリア!

アルトゥロ、ゲットだぜ!!

269.jpg

そしていよいよ30階。

270.jpg

本当の意味でのラストバトル!

敵は、一護やアランカル達!
よっしゃ!サクッとやってやるぜ!と思いましたが…

272.jpg

ん…ん??

273.jpg

なん…だと!?

271.jpg

こ、こいつは…。

なんだか敵さんの様子がおかしいです。
どのユニットも能力が普通じゃありません。そんなのがゴロゴロといます。

正直、官能まつ梨以外太刀打ちできなさそうだぞ…。
卍解・まつ梨なら防御以外の能力値が90を突破するので彼女一人に無双で頑張ってもらおうか…。

まだこの時点で一度もチャレンジしてませんが、とりあえず1・2度プレイしてみてから具体的にどうしようか考えます。
今のソウカツイ中心の戦力ではキツイそうなので、他のキャラを育成しないといけない可能性もあります。

ラストスパート頑張るぞ!


←ブリーチタワーその3
→ブリーチタワーその5

ブリーチタワーその3

ブリーチタワーの27階を攻略中。

ただクリアするだけなら簡単なのですが、アルトゥロをゲットしたいので5ターン以内に敵を全滅させなければなりません。
今の自分のレベルでは、中々これが難しい。

この前の7ターン要した初挑戦以来、二度挑戦しました。
2回目は普通に失敗、三度目の正直として挑んだ3回目。

5ターン目の自フェイズでこんな状況。

266.jpg
268.jpg

敵は、アルトゥロ・マッドイーター・空紋・ザコの4ユニット。

アルトゥロ・空紋は体力満タンク。
ザコは少々ダメージを。
マッドイーターは、ほどほどに減ってます。

265.jpg

頑張れば何とか5ターン目で全滅させれそうな雰囲気ですが、これが中々できない。
自分なりにあらゆる策を張り巡らせましたが…

267.jpg

自フェイズでは、この状況に持ってくるのが限界。

空紋を雛森と藍染で。
マッドイーターを官能兄妹のEX2発と卯の花隊長のソウカツイで撃破。
アルトゥロとザコを特大赤火玉で弱らせます。

この時点でアルトゥロの状態は…

263.jpg

こんな感じ。

まだ山爺が動いてませんが、ここからザコに特大赤火玉で攻撃を加えます。

そして敵フェイズに。
このザコが東仙に返り討ちにあい撃破。

残るはアルトゥロとなるのですが、このアルトゥロが直接攻撃で狙うのは藍染。

隣接している味方もなく、藍染単独の力ではアルトゥロを撃破できません。
っていうか反撃選ぶとそのままやられます。

ここで藍染でなく官能まつ梨を狙ってくれたらEX協定を結んでいる藤丸が隣接していつのでEX攻撃で撃破できるかも…と思っていましたが、この時点でマッドイーター撃破の為に官能兄妹EX2連発祭りで霊圧が低下しており、やっぱり無理だったかもしれません。
残念だけど、今回はこのままクリアして次の挑戦に賭けますかな。

奥の空紋の処理が中々曲者です。
次は、思い切って移動力の高い雛森・ルキアを敵陣に突っ込ませザコを弱らせつつ奥の空紋を撃破。
その二人に釣られてアルトゥロが3ターン目辺りから動きだしてくれればあるいは…。

あんまりレベル上げに時間を割きたくない今日この頃ですが、中々難しいです。
いっそ次の28・29ステージクリアしてからの方が、今よりレベルが上がっていいかなぁ。


←ブリーチタワーその2
→ブリーチタワーその4

ブリーチタワーその2

ブリーチタワーの26階まで制覇しました。

とりあえずステージ26のウルキオラまで何とか順調にゲットできています。
これも全てソウカツイのお陰。

【草冠宗次郎・登場】
もちろん劇場版オリジナルキャラの草冠宗次郎も登場しました。

257.jpg
258.jpg

彼との戦闘で始めて知りましたが、彼の斬魄刀も氷輪丸なんですね。
だから劇場版第二作のサブタイトルが「もうひとつの~」だったのか…。

259.jpg

劇場版を見てませんので何故、日番谷と斬魄刀が被っているのか詳しい理由は知りませんが、おそらく去年同様、年末に劇場版をテレビ放送するだろうからそれまでの楽しみにとっておこうと思います。

しかし、草冠宗次郎も登場がクリア後の隠し要素のこの1ステージのみなんて寂しいですね。
せっかくキャラクターグラフィックまで書き下ろしているのに。
それに風の噂で聞きましたが、ブリーチタワーでグリムジョーが刀を解放してパンテラになるとか。

どちらも本編でやればいいのにもったいない…。
あれですよね?トレジャー製作の4作目でのお楽しみって事ですよね?そう信じてます。


【レベル99】
ステージ26まで進むと回復要員のルキアや卯の花が、とうとうレベル99を迎えました。
最終的にこんな感じです。

262.jpg

怒涛のHPが特徴のタフなルキア。
それ以外のステータスもそれなりにあり、移動力があり、かなり役に立ってます。
HPが多く能力そこそこなので今の段階でも自分の方からボスキャラに手を出せる貴重な存在。
手痛い反撃も自慢のHP量で耐え切ります。

続いて卯の花。

261.jpg

やたら命中が高くなりました。
根拠はありませんが、「マップ兵器の命中率に命中の数値が関わってくるに違いない」と睨みこのような振り分けになりました。
実際の所、意味があるのかどうかは分かりません。


【これから】
これからアルトゥロのいるステージ27の攻略となります。
アルトゥロを仲間にするには5ターン以内に敵の全滅。

一度試しに挑戦してみたところ、ステージクリアに7ターン掛かりました。
アルトゥロともう一人ボス格のマッドイーターにソウカツイが効かず効率よくダメージを与えれなかったのが敗因。
さらに序盤、初期配置のミスで足の遅い山本爺さんと卯の花隊長が置いてけぼりを食らって実質6ユニットで戦う展開になったのも原因か。

今までソウカツイによるゴリ押しでこれましたが、ちょっとやり方を変えねばならないようです。
とりあえず直接攻撃しなければならないボス格をどう対処するかですね。
対ボス直接戦闘用に一護か剣八を育てておけばよかったかなぁ…。

とりあえずこんな感じで、ブリーチタワーもラストスパート。
とっとと終わらしてドラクエ5DSに移行できれば…。
今度の休日に制覇を目指してがんばります。


←ブリーチタワーその1
→ブリーチタワーその3

ブリーチタワーその1

ブリーチタワーの11階まで制覇しました。

以前の日記で語っていた通り「ソウカツイ」を合言葉に掲げていたわけですが、めでたく全員ソウカツイを覚えました。とは言え、まだ全員が詠唱破棄ではありませんのでまだまだレベルアップが必要です。
しかし、それでも藍染が詠唱破棄・ソウカツイを覚えて、これで詠唱破棄が5人となり、かなり楽になってきました。
もうまもなく、まつ梨も覚えるので、そうしたら6人。今後が楽しみです。

そのソウカツイもキャラによって性能が微妙に違っていて面白いです。

現時点で最も攻撃力の高いソウカツイを使えるのが、意外にも卯の花隊長。

249.jpg

攻撃力300。命中率にマイナスの補正が入りますが、それでもこの攻撃力は魅力。
ブリーチタワーでも今の階層のザコなら一撃で粉砕する事が多々あります。


逆に命中率が最も高いソウカツイを使うのが、ルキア。

248.jpg

威力は卯の花隊長の半分ですが、命中にプラスの補正が入っています。確実性があるので頼りになります。

そんなルキアですが、回復魔法が最も効率よく経験値を稼げるゲームバランスもあってレベルが全キャラでぶっちぎりの一番。
レベルが高いので自然と能力も高くなっており、通常のまつ梨以上の能力値に。

250.jpg

でも、まつ梨が同じレベルだったらもっと強くなるわけですけどね。

しかし現時点でトップクラスの能力なので、最近はボスキャラに対する直接攻撃の要員としても使っています。でも、そんな状況もいつまで続くことやら…。

ブリーチタワー12階では、東仙が待ち受けています。
目指せ5ターン撃破!目指せ東仙ゲットだぜ!

今宵もソウカツイ蝉が五月蝿く鳴きじゃくります。


←合言葉は「ソウカツイ」
→ブリーチタワーその2

合言葉は「ソウカツイ」

いよいよ、やり込み要素である「ブリーチタワー」に突入。

そんなブリーチタワーの制覇に向けて、一つのテーマを掲げています。

それは「ソウカツイ」。

ゲーム中ではマップ兵器として扱われているソウカツイ。かなり使いやすい強力な技です。
特に複数のマスを又にかける巨大なユニットを撃破するときには、これが有効。
例えば4マス分の大きさのユニットなら上手く行けば4マス分の大ダメージを与えることができます。
チマチマと直接攻撃するよりも簡単に速やかに撃破が可能。

この「ソウカツイ」の素晴らしさに気付いたのが、本編終盤のアルトゥロ戦。
メノス等の巨大ユニットが、あっさりと倒れていく様は、爽快でした。

ブリーチタワーは本編よりも難易度が高く、また特定のキャラを入手するのに5ターン以内に撃破・全滅の条件が絡んでくるので、きっとこのソウカツイが攻略の鍵となるはず。

そう思い立ってソウカツイを覚えるキャラで隊を編成し、タワーの攻略を行ってます。

247.jpg

現在7階をクリア。階層が低いので、まだまだ簡単です。

現時点でソウカツイを使えるのは4人。

本編で回復役を務めレベルが上がりまくりのルキア。
最初から詠唱破棄・ソウカツイを覚えていた雛森。
終盤に合流し同じく最初からソウカツイを覚えさせれた藤丸。
回復魔法でレベルの上げやすい卯の花隊長。

これだけいると攻略も楽です。

残りのこれからソウカツイを覚える4人ですが、
刀のレベルを後2つ上げれば詠唱破棄・ソウカツイになる、まつ梨。回復魔法を持っていてレベルアップさせやすい藍染は、目処が立っているのですが、地道にレベルを上げていかないといけない山本の爺さんと空鶴が中々キツイ。

ソウカツイじゃないけど花太郎も攻撃系のマップ兵器を覚えるみたいだし、他のキャラで可能性を探っていくべきかどうか悩むところです。

個人的に朽木の兄者がソウカツイを覚えないのが意外でした。かなりソウカツイの印象が強いだけに。
前作・黒衣でこちらがDCできない時に霊圧マックス兄者のRFソウカツイが突き刺さった時の絶望感と言ったらそりゃもう…。
ちなみに自分が白哉で白帝剣をブチ込めるチャンスだったのにミスしてそれを逆方向に出した時の絶望感はさらにその上を行く。

そんなこんなでDSのスピーカーからは、ソウカツイ!ソウカツイ!と蝉の鳴き声が聞こえてきます。
もう夏ですね。


←本編クリア
→ブリーチタワーその1

本編クリア

藍染に「シ水鏡」を奪われたので急遽、隊主会が…。

225.jpg
226.jpg

藍染の狙いは「輪廻転生」の操作。

227.jpg
228.jpg

そして早速、それを実行に移す藍染。

229.jpg
230.jpg

最早一刻の猶予もなしということで、ウェコムンドに出撃!
浦原の手によりガルガンタが開かれます。

231.jpg
232.jpg

…と、ここで登場のヴァイザード。
直前のフリータイムで、一緒にウェコムンドに突入したいキャラクター6人を決めるのですが、その選択肢に何故かこの2人がおり、折角なので選択しました。

ってか、結局ヴァイザードが本編に全然絡んできませんでしたね。
舞台が現世に移った時にちょっと登場しましたが、あれっきり。
劇場版オリジナルの「草冠宗次郎」に至っては本編に登場しない模様。
今回の参戦は、客寄せのゲスト出演だったようです。

ちなみに自分の選択した突入部隊は、こちら。

235.jpg

直接攻撃に定評のあるワンコと剣八。回復・マップ兵器要員のルキア。ウェコムンド突入にブリーチの主人公が行かないわけにはいかないでしょ…と一護。後は、戦闘グラフィック見たさにヴァイザードのお二人。

そしてついにウェコムンドに突入!

233.jpg

やはりここでもアランカル達が立ちはだかります。

234.jpg
236.jpg

アランカル達との最終決戦が開始!

アランカルを相手に大暴れのヴァイザード。
まずは、ひよ里さん。

237.jpg

4作目で言うところの「立ち小」ですね?わかります。

238.jpg

4作目で言うところの「超必A」ですね?乱舞系ですね?わかります。


そして、平子さん。

239.jpg

4作目で言うところの「立ち大」…いや「立ち中」ですね?わかります。

240.jpg

4作目で言うところの「レベル3超必」ですね?わかります。


精鋭の突入部隊の前には、今となっては赤子同然のアランカル達。
あっさり撃破させてもらいました。
悔しかったらセガに「ソウカツイ弱くしてください」って苦情言ってくださいね。

そして見えてきたラスノーチェス

241.jpg
242.jpg

さあ!このまま突撃だ!…と思ったら…

藍染達が登場!

243.jpg
244.jpg

ラスノーチェスに近づけさせる気など無いようです。
本当にこのままここが終点になってしまうのか!?

ラスノーチェスを前に今、最後の戦いの幕が上がります!

246.jpg

俺たちの戦いは、まだ始まったばかりだ!

…と言う訳で、今まで画像を添えながら散々ストーリーを追ってきましたが、それもここまで。
ここから先を知りたい方は、是非自分の目で確かめて見てください。


とりあえず長かった…。普通に遊んでも結構なボリュームなのに、さらに要所要所で写真撮影をしていたので時間がかかりました。
ちなみに画像は全部携帯電話のカメラで撮影。部屋の電気を消して真っ暗にすれば結構いい感じで写ってくれます。この写真撮影の為に、暗くできない昼間は一切プレイしなかったので余計に時間が食ったかも。
でも逆にゆっくりじっくりストーリーを楽しみにながらプレイできたので返って良かったかもしれませんね。

個人的にエンディングが良かった。
特にスタッフロール後の官能兄妹のやり取りから最後の一言への流れが印象に残りました。
チャプター25のタイトルの時点で感じてましたが、劇中に出てきた観音寺の思わぬ台詞が伏線になっているとはなぁ…。

そして今作の感想。
まずは、良い点。
・ジャンル変更で最初どうなる事かと思いましたが、予想以上の出来栄えで楽しく遊べました。
・ストーリーもしっかりできており、主人公兄妹にも感情移入できました。幕間のフリータイムでのイベントも見ていて楽しいものばかり。台詞やボイスの量も多く、スタッフのこだわりを感じます。
・クリア後にやり込み要素の「ブリーチタワー」があるのも○。本編で味方にならないキャラを手に入れることができるので、ファンには嬉しいところ。

しかし、もちろん悪い点も。
・戦闘シーンがカットできない・敵フェイズ時の敵ユニットやカーソルの移動の遅さから来るテンポの悪さ。全体的にモッサリしているので、ここらへんが改善すればサクサクと今より気持ちよく遊べそうです。
・他には、マップ兵器のソウカツイがやたら強かったり、回復要員のレベルが異様に上がりやすかったりとバランスがイマイチ。
・出撃キャラが最大8人と少なく感じました。確かにこのゲームスピードなら8人くらいが丁度いいかもしれませんが、テンポを浴して10~15人くらい出撃できれば良かった。キャラクターが多い作品なだけに。
・対戦が通信対戦のみだったのも残念でした。フレンド対戦のみでいいのでネット対戦可能にしてほしかった。
・ギャラリーやサウンドテストが無いのもマイナス。ボイスの量が多いだけにクリア後、サウンドテストで聞ければよかったのですが。

10点満点で点数をつけるなら自分は7点。
SLGとしては平凡かもしれませんが、ブリーチのゲームとしては優秀、とりあえずブリーチファンなら楽しめる作品だと思います。
難易度が低いのでSLGが苦手な方にも楽しめるかと思います。

もし4作目があるなら以前のトレジャー製多人数格闘ゲームを希望しますが、今回のようなSLGとしての路線も継続してもらいたいですね。
今作の売り上げが苦しいようなので今後があるのか分かりませんが、広い意味でブリーチDSの続編に期待しようと思います。


←決着!アルトゥロ
→合言葉は「ソウカツイ」

決着!アルトゥロ

本来の力を取り戻したと自信満々のアルトゥロ。

197.jpg

藍染は、このアルトゥロを中心に大規模な作戦でソウルソサエティを攻めます。

198.jpg

東西からは、ウルキオラ・グリムジョー達のアランカル部隊が。

199.jpg
200.jpg

これを何とか撃退。

どうやら先ほどの敵は、陽動のようです。

202.jpg

息つく暇も無く別方向から敵の部隊が。

ギン&東仙も登場。
ウェコムンド・オールスターが、ズラリ勢ぞろい。

207.jpg

6番隊・隊長&副隊長VSギン。

208.jpg

このギンが攻撃をヒラリヒラリと回避してくるのでダメージを与えるのに時間がかかりました。

このステージは、ギン・東仙のどちらかを撃破すれば良いので、結局狙いをギンより回避力の低い東仙に変更しクリア。

209.jpg

敗戦なのに「任務完了」。もちろんこちらも陽動。

陽動に次ぐ陽動で混乱させ、いよいよ本命のアルトゥロが登場。

210.jpg
211.jpg

身構える官能まつ梨。

鬼のようなアルトゥロの能力。

213.jpg

卍解した官能まつ梨をも上回っています。回避以外は全部相手が上。

しかし、ここで取り出したるが「シ水鏡」。

215.jpg
214.jpg

驚くアルトゥロ。何たってかつて自分の力を奪った憎いアイテムですからね。

鏡の力で能力が低下するアルトゥロ。
能力値も20台に激減。これなら倒せそうだ。

しかし予想以上に強いアルトゥロの力により安定しない「シ水鏡」。

216.jpg

鏡がオシャカになる前にアルトゥロを撃破しなければ!

焦る官能まつ梨達。その隙を突いてくるアルトゥロ。

217.jpg

詩葉が危ない!

しかし!!

218.jpg
219.jpg

何とかこの強敵を撃破!
時空を超えたアルトゥロとの因縁もこれで終わりか?

難敵を倒し喜ぶ一同。

220.jpg
221.jpg

しかし、そこに…

222.jpg

藍染「フ…愛用していた鏡を割ってしまってね…。」

藍染登場!!

223.jpg

「シ水鏡」を奪い取る藍染!

どうやら本当の狙いは、「シ水鏡」の奪取だった模様。

「シ水鏡」を奪われたという事は、まさか詩葉まで…!?

224.jpg

…と思いましたが、詩葉は無事。
藍染の目的は、鏡のみだったようです。

しかし、奪われてしまった「シ水鏡」!
一体どうなってしまうのか!?


←詩葉の謎
→本編クリア

詩葉の謎

今回のチャプター21は、珍しく戦闘がありません。

マユリの事情聴取を受ける官能まつ梨。

179.jpg
181.jpg

「スリーサイズは?」「経験した人数は?」
…等と…マユリ様が聞くとでも思っているのかネ?


現世に赴き浦原とも再会。

182.jpg
183.jpg

朱司波隊長は、浦原が伊花の鏡の発動者としての資質を上の連中にチクったと思い込んでおりますが、浦原は決してそんな事はしていませんでした。

185.jpg

チクった張本人は、藍染…!ブリーチ界のヨン様のあくどい事あくどい事…。

二人の知っている事や推測をまとめると、官能兄妹・朱司波隊長・アルトゥロは、「シ水鏡」の力で「漂霊界」という時間の流れが無い空間に迷い込み、偶然そこから未来の現世に飛ばされたり藍染に助けられたりで現在に至る事になったようです。

その時、朱司波隊長の姉・伊花も魂だけ一緒に漂霊界に行ってしまい、偶然そこにいた詩葉の中に入り込んだとか何たらかんたら…。
詩葉が伊花の生まれ変わりとかそういう訳じゃないようですが、とにかく彼女の中に伊花がいるらしいです。

この説明でサッパリ分からんと言う方は、ルキアが用意したナイスな図で理解してください。

184.jpg

これでも理解できないなら…
買うしかないな!ポルナレフッ!!

浦原とダベっているとソウルソサエティから詩葉の力で兄・藤丸の意識が戻ったとの知らせが。

187.jpg

彼女に伊花の力が宿っていることを実感させられます。

そしてソウルソサエティに帰ると真っ先に出迎えたのは、もちろん…

190.jpg

藤丸。

良い意味で久々の対面に思わず二人から笑みがこぼれます。

191.jpg

そして二人で伊花の墓参り。

192.jpg
193.jpg

朱司波隊長の事を考えると複雑な心境です。

場面変わって、案の定「シ水鏡」の発動者としての資質が判明した詩葉。

194.jpg

アルトゥロとの戦いを考えるとやはり「シ水鏡」の使用は避けれないようです。
伊花の前例もあり心配する官能まつ梨を他所にやる気満々の詩葉。

ただ今回は浦原も無策ではなく、発動者の負担を軽減させる特殊な義骸を用意。
しかしこれに入ると鏡の効果も弱まる副作用があるとか。

アルトゥロを倒すことも重要だけれど、犠牲者を出さないことはもっと重要。

195.jpg

官能まつ梨は、過去の過ちを繰り返させないと誓うのでした。

アルトゥロとの決戦は近い!
一体どうなってしまうのか!?


←成れの果て
→決着!アルトゥロ

成れの果て

気分はどうだ?

ウェコムンドでは、相変わらず藍染が化け物を生み出しております。

169.jpg
170.jpg

早速その化け物の実戦テストをウルキオラとヤミーに任せる藍染。

171.jpg

こんな凄いものを生み出すウェコムンドは、きっと特別な場所なのだと思うウルキオラとヤミー。
そして実験場所は、もちろんソウルソサエティ。何故ならここもまた特別な場所なのです。

セロを撃ちまくりんぐで街が大炎上。

172.jpg

よく見たらかなり巨大な奴でした。

その大きさに驚く官能まつ梨達。

174.jpg
175.jpg

しかし、この化け物の格好…どこかで見たことがあるような気が…。

176.jpg

そんな戦いの最中に突如、詩葉が登場!
このブログの記事では久しぶりですが、ゲームでは頻繁に姿を見せております。

177.jpg

しかしそんな彼女の様子が何か変です。
そして彼女の口から衝撃の一言が!

詩葉「せ…い…げん…」


なん…だと!?

そもそも何故、詩葉が朱司波隊長の名前を知っているのか疑問ですが、それよりもその化け物が朱司波隊長なんて!?

しかし、それに追い討ちをかけるかのようにヤミーが言い放ちます。

178.jpg

「そうだ、こいつは朱司波征源ってやつだ!」

「情」という不必要な物を捨て去った結果がこの化け物の成れの果て…。
戸惑いつつもその化け物を辛くも撃退。
今回の襲撃はテストを兼ねたものだったので、ウルキオラ達はここで撤退。

朱司波隊長の変わり果てた姿に愕然とする官能まつ梨でした。

果たして官能まつ梨は朱司波隊長を救えるのか?
一体どうなってしまうのか!?


←涙の卍解!サヨナラ藤丸…!!
→詩葉の謎
NEXT≫
このブログについて

このブログは、BLEACH DSシリーズのプレイ日記です。記事には、ゲーム内容に関するネタバレが含まれている場合があり、攻略的要素は殆どありませんので、ご注意下さい。

パズドラ・フレンド募集

ID「267,329,443」
「バーバラ」「闇アテナ」など

ひとりごと

このブログを開設してから10年を迎えました。更新は途中から途絶え、画面端のこの小さなスペースでたまに細々とつぶやく程度ですが、それでも一応10周年。10年前に毎晩、黒衣で対戦した皆は元気にしておられるのでしょうか?過ぎ去りし、あの楽しかった対戦の日々にはもう戻れない・・・。(2017/7/22)

リンク
FC2カウンター