スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EPISODE 07 瀞霊撰武会1~決意

ストーリーモード・六発目。
今回の主役は、阿散井恋次。

130306-1.jpg130306-2.jpg

今回は、「瀞霊撰武会」という大会を恋次が戦い抜くお話。
バトル漫画で有りがちなトーナメント戦ですが、意外とブリーチにはそういう展開ないよね。
あれだけ大勢のキャラクターがいるのだから、幽遊白書の暗黒武術会みたいに5人1チームのトーナメント路線やっても良さそうだけど。

130306-3.jpg130306-4.jpg

初戦の雛森以降は、狛村・マユリ・剣八・ギン・白哉と隊長格が目白押し。
しかし恋次は個人的に使いやすいキャラ…というかメインキャラの一人なので、特に労せず各戦いを突破。まぁCPUですしね。
恋次は動きがモッサリしているので、そこらへんで好みが分かれそうですが、攻撃範囲が広いので使いやすく感じます。
先に述べたモッサリ感も自分好み。

130306-5.jpg130306-6.jpg

敵キャラ6人打ち倒し、本当の意味で白哉を超えてみせるぜコンニャローと夕日に誓って終了。
個人的に恋次視点のソウルソサエティ編とかを展開して欲しかったのですが、これまでの現世組&岩鷲のシナリオを見ていると、仮にそうなったとしても物語のクオリティは期待できなさそうか。
恋次をクリアしたことにより開放された白哉のシナリオのタイトルも「瀞霊撰武会」となっており、今回と同じような展開になりそうな悪寒。


←EPISODE 06 ボニーMYラヴ
→EPISODE 08 瀞霊撰武会2~掟
このブログについて

このブログは、BLEACH DSシリーズのプレイ日記です。記事には、ゲーム内容に関するネタバレが含まれている場合があり、攻略的要素は殆どありませんので、ご注意下さい。

パズドラ・フレンド募集

ID「267,329,443」
「ヨグ・トソース」「バーバラ」「闇アテナ」など

ひとりごと

ドラクエ11をクリア。久々に勇者の物語な上にロトが関わるとあってもの凄く楽しめました。今までと比べてレベルが上がりやすかったり、マップに目的地が表示されたりと色々と親切な設計なのは時代の流れか。しかし、そのおかげで目的地を見失ったり、レベル上げに時間を割くこともなくテンポよく飽きずにプレイできました。11をきっかけにドラクエ熱が再燃してきたので、この勢いのままに手付かずのドラクエ10もPS4版で開始。ドラクエ10は2〜3年前に3DS版も買ったのですが、当時はどうも精神的に楽しむ余裕がなかったので、最序盤の五つの種族を選択した直後でやめてしまったのですが、自称ドラクエファンとしては10をまともにプレイしてないのが心残りだったので、マイペースに楽しんでいきたいと思います。(2017/8/27)

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。