EPISODE 13 正義の意味

ストーリーモード・十一発目。
今回の主役は、東仙要。

130313-1.jpg130313-2.jpg

隊長格・恒例の「瀞霊撰武会」でないので新鮮。
もしかして原作の東仙・視点でも展開するのかと思ったら、そこは蒼天のストーリーモード。
そんな凝ったお話は用意されていません。

130313-3.jpg130313-4.jpg

見回りに勤しむ東仙が剣八に喧嘩を売られて応戦のタイマン。
駆けつけた狛村が加勢しての2対1。
騒ぎを嗅ぎ付けた砕蜂ともトラブってタイマンになり終了。

剣八はともかく砕蜂に関しては、東仙が彼女の言動に乗せられず堪えていれば戦いは避けれたような気もしないような…。
愛すべき平和の日々の実現は、中々難しいようです。


←EPISODE 12 瀞霊撰武会5~憧れ
→EPISODE 14 瀞霊撰武会6~忠義
このブログについて

このブログは、BLEACH DSシリーズのプレイ日記です。記事には、ゲーム内容に関するネタバレが含まれている場合があり、攻略的要素は殆どありませんので、ご注意下さい。

パズドラ・フレンド募集

ID「267,329,443」
「バーバラ」「闇アテナ」など

ひとりごと

このブログを開設してから10年を迎えました。更新は途中から途絶え、画面端のこの小さなスペースでたまに細々とつぶやく程度ですが、それでも一応10周年。10年前に毎晩、黒衣で対戦した皆は元気にしておられるのでしょうか?過ぎ去りし、あの楽しかった対戦の日々にはもう戻れない・・・。(2017/7/22)

リンク
FC2カウンター