スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aパート

黒衣ひらめく鎮魂歌のストーリーモード一発目。
前作と違い今回は、すごろくの様なマップを進みながら、道中のステージをクリアしていく風にシステムが変わっています。

130414-1.jpg130414-2.jpg

まずは、Aパート。
ストーリーは、ソウルソサエティ編の直後からはじまります。
原作同様、志波家に謝罪に出かけたルキアを探して、一護がソウルソサエティを奔走。

130414-3.jpg130414-4.jpg

そんな中、巻き起こるイベントの数々。
対戦相手を倒すルールは単純明快で分かりやすく好きですが、それ以外のルールは、色々と面倒だったり、単純に楽しくなかったり。

特にやちるとライン移動の回数を競う戦いは、かなり苦戦しました。
やちるをブチのめして、彼女が気絶している間にライン移動数を稼ぐのですが、こちらの攻撃から逃げ回るやちるを捕まえるのが難しいのなんの。

ガーディアンヒーローズのような、横スクロールアクションに何故しない…!?

130414-5.jpg130414-6.jpg

ストーリーモード自体はまだまだ序盤ですが、上で触れたやちる以外にも、今回からの新キャラクターが惜しみなく登場。
一角・檜佐木・イヅル・乱菊・浦原…。
等身の関係でグラフィックが描き直された剣八もある意味新キャラクターですよね。
蒼天の頃よりも大きくなり、迫力が増しています。

130414-7.jpg130414-8.jpg

Aパートをざっくりとクリアしてのキャラクター選択画面。
撃ち漏らしたマス目があるかもしれませんが、1プレイで結構キャラクターが開放されています。
四隅が未開放ですが、この感じだともう一列増えそうな予感。
破面キャラが隠れていると嬉しいんですけどねぇ。


→Bパート
このブログについて

このブログは、BLEACH DSシリーズのプレイ日記です。記事には、ゲーム内容に関するネタバレが含まれている場合があり、攻略的要素は殆どありませんので、ご注意下さい。

パズドラ・フレンド募集

ID「267,329,443」
「ヨグ・トソース」「バーバラ」「闇アテナ」など

ひとりごと

ドラクエ11をクリア。久々に勇者の物語な上にロトが関わるとあってもの凄く楽しめました。今までと比べてレベルが上がりやすかったり、マップに目的地が表示されたりと色々と親切な設計なのは時代の流れか。しかし、そのおかげで目的地を見失ったり、レベル上げに時間を割くこともなくテンポよく飽きずにプレイできました。11をきっかけにドラクエ熱が再燃してきたので、この勢いのままに手付かずのドラクエ10もPS4版で開始。ドラクエ10は2〜3年前に3DS版も買ったのですが、当時はどうも精神的に楽しむ余裕がなかったので、最序盤の五つの種族を選択した直後でやめてしまったのですが、自称ドラクエファンとしては10をまともにプレイしてないのが心残りだったので、マイペースに楽しんでいきたいと思います。(2017/8/27)

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。