スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本編クリア

藍染に「シ水鏡」を奪われたので急遽、隊主会が…。

225.jpg
226.jpg

藍染の狙いは「輪廻転生」の操作。

227.jpg
228.jpg

そして早速、それを実行に移す藍染。

229.jpg
230.jpg

最早一刻の猶予もなしということで、ウェコムンドに出撃!
浦原の手によりガルガンタが開かれます。

231.jpg
232.jpg

…と、ここで登場のヴァイザード。
直前のフリータイムで、一緒にウェコムンドに突入したいキャラクター6人を決めるのですが、その選択肢に何故かこの2人がおり、折角なので選択しました。

ってか、結局ヴァイザードが本編に全然絡んできませんでしたね。
舞台が現世に移った時にちょっと登場しましたが、あれっきり。
劇場版オリジナルの「草冠宗次郎」に至っては本編に登場しない模様。
今回の参戦は、客寄せのゲスト出演だったようです。

ちなみに自分の選択した突入部隊は、こちら。

235.jpg

直接攻撃に定評のあるワンコと剣八。回復・マップ兵器要員のルキア。ウェコムンド突入にブリーチの主人公が行かないわけにはいかないでしょ…と一護。後は、戦闘グラフィック見たさにヴァイザードのお二人。

そしてついにウェコムンドに突入!

233.jpg

やはりここでもアランカル達が立ちはだかります。

234.jpg
236.jpg

アランカル達との最終決戦が開始!

アランカルを相手に大暴れのヴァイザード。
まずは、ひよ里さん。

237.jpg

4作目で言うところの「立ち小」ですね?わかります。

238.jpg

4作目で言うところの「超必A」ですね?乱舞系ですね?わかります。


そして、平子さん。

239.jpg

4作目で言うところの「立ち大」…いや「立ち中」ですね?わかります。

240.jpg

4作目で言うところの「レベル3超必」ですね?わかります。


精鋭の突入部隊の前には、今となっては赤子同然のアランカル達。
あっさり撃破させてもらいました。
悔しかったらセガに「ソウカツイ弱くしてください」って苦情言ってくださいね。

そして見えてきたラスノーチェス

241.jpg
242.jpg

さあ!このまま突撃だ!…と思ったら…

藍染達が登場!

243.jpg
244.jpg

ラスノーチェスに近づけさせる気など無いようです。
本当にこのままここが終点になってしまうのか!?

ラスノーチェスを前に今、最後の戦いの幕が上がります!

246.jpg

俺たちの戦いは、まだ始まったばかりだ!

…と言う訳で、今まで画像を添えながら散々ストーリーを追ってきましたが、それもここまで。
ここから先を知りたい方は、是非自分の目で確かめて見てください。


とりあえず長かった…。普通に遊んでも結構なボリュームなのに、さらに要所要所で写真撮影をしていたので時間がかかりました。
ちなみに画像は全部携帯電話のカメラで撮影。部屋の電気を消して真っ暗にすれば結構いい感じで写ってくれます。この写真撮影の為に、暗くできない昼間は一切プレイしなかったので余計に時間が食ったかも。
でも逆にゆっくりじっくりストーリーを楽しみにながらプレイできたので返って良かったかもしれませんね。

個人的にエンディングが良かった。
特にスタッフロール後の官能兄妹のやり取りから最後の一言への流れが印象に残りました。
チャプター25のタイトルの時点で感じてましたが、劇中に出てきた観音寺の思わぬ台詞が伏線になっているとはなぁ…。

そして今作の感想。
まずは、良い点。
・ジャンル変更で最初どうなる事かと思いましたが、予想以上の出来栄えで楽しく遊べました。
・ストーリーもしっかりできており、主人公兄妹にも感情移入できました。幕間のフリータイムでのイベントも見ていて楽しいものばかり。台詞やボイスの量も多く、スタッフのこだわりを感じます。
・クリア後にやり込み要素の「ブリーチタワー」があるのも○。本編で味方にならないキャラを手に入れることができるので、ファンには嬉しいところ。

しかし、もちろん悪い点も。
・戦闘シーンがカットできない・敵フェイズ時の敵ユニットやカーソルの移動の遅さから来るテンポの悪さ。全体的にモッサリしているので、ここらへんが改善すればサクサクと今より気持ちよく遊べそうです。
・他には、マップ兵器のソウカツイがやたら強かったり、回復要員のレベルが異様に上がりやすかったりとバランスがイマイチ。
・出撃キャラが最大8人と少なく感じました。確かにこのゲームスピードなら8人くらいが丁度いいかもしれませんが、テンポを浴して10~15人くらい出撃できれば良かった。キャラクターが多い作品なだけに。
・対戦が通信対戦のみだったのも残念でした。フレンド対戦のみでいいのでネット対戦可能にしてほしかった。
・ギャラリーやサウンドテストが無いのもマイナス。ボイスの量が多いだけにクリア後、サウンドテストで聞ければよかったのですが。

10点満点で点数をつけるなら自分は7点。
SLGとしては平凡かもしれませんが、ブリーチのゲームとしては優秀、とりあえずブリーチファンなら楽しめる作品だと思います。
難易度が低いのでSLGが苦手な方にも楽しめるかと思います。

もし4作目があるなら以前のトレジャー製多人数格闘ゲームを希望しますが、今回のようなSLGとしての路線も継続してもらいたいですね。
今作の売り上げが苦しいようなので今後があるのか分かりませんが、広い意味でブリーチDSの続編に期待しようと思います。


←決着!アルトゥロ
→合言葉は「ソウカツイ」
このブログについて

このブログは、BLEACH DSシリーズのプレイ日記です。記事には、ゲーム内容に関するネタバレが含まれている場合があり、攻略的要素は殆どありませんので、ご注意下さい。

パズドラ・フレンド募集

ID「267,329,443」
「バーバラ」「闇アテナ」など

ひとりごと

今週2月15日で、かつて死ぬほど遊び倒した「ブリーチDS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌」が発売してから10年経過。あれから10年か・・・。自由戦にMXTなどというクズ集団が湧いて出るまでは毎晩楽しい一時が過ごせる神ゲーだった。とは言えMXT出現後もIRCで楽しくフレンド対戦を堪能できましたが。戻れるもんならあの頃にタイムスリップしてもう一度対戦に明け暮れたいねぇ・・・。ちなみに多分7月21日でこのブログも開設してから10年になります。(2017/2/17)

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。